素材デザイナー体験「捨てられるタイルから新たな市場を発掘せよ!!」(2/9/・2/10)

素材デザイナー体験 2Daysワークショップ
廃棄タイルを使って、新たな市場を作り出せ!!

▼素材デザイナー体験ワークショップとは?

アップサイクルコミュニティ上回転研究所が送る、「素材デザイナー体験ワークショップ」になります。
廃棄素材をもとに今注目されているアップサイクルプロダクトを2日間で生み出してもらいます。そのために現場に行き、職人の悩みを感じ、技術に触れ、体感したものをプロダクトに落とし込むというプロセスをしていただきます。

バナナの皮を使った「バナナレザー」、コーヒーカスと牛乳を使った「カフェオレベース」、廃棄石膏ボードを使った「resecco」など
数々の魅力的なサステナブル素材を作ってきた素材デザイナー:村上の事例をもとに、参加者の皆さんにも廃棄物から新素材の開発に挑戦をしていただきます。
(1日目と2日目で開催場所が異なりますのでご注意ください。)

▼今回のテーマとなる廃材

岐阜県瑞浪市でオーダーメイドタイルをプロデュースするタイルメイドにて廃棄されているタイルや釉薬など窯業界隈の廃棄物をテーマに、アップサイクル企画をしていただきます。

建築業界でも解体されるタイルは捨てる際にお金がかかる厄介者として認識されています。そんな業界の課題にもなっている廃棄タイルを社会から求められるアップサイクル素材&プロダクトはどうしたら作れるのか?を考え、その糸口を掴んでもらいます。
(プロダクト開発は非常に時間のかかるものなので、今回のワークショップではプロダクト開発の一部を2日間で体験できるものとなります。)

▼こんな人におすすめ
・廃棄物活用に興味のある方
・新素材作りに興味のある方
・ものづくりで起業に興味ある方
・伝統産業に興味ある方

▼対象
・名城大学の学部生・大学院生、東海地域の大学生・大学院生

▼申し込み
こちらのサイトでお申込みをお願いいたします。
https://material-designer-experience.peatix.com/

▼Day1でやること
生産〜廃棄までしている現場に行き、職人の声を聞くことで廃棄の背景に触れてアップサイクルプロダクトを企画するためのリサーチを行っていきます。ネットでみたり調べたりするだけでは気付けない情報を掴んでもらい、Day2の具体的な商品企画につなげていきます。

▼Day1 コンテンツ
①アップサイクルの事例と市場の紹介(アイデア一つで参入できる市場である事の説明)
②アップサイクル企画のアウトラインの紹介(リサーチの方法など企画の際の視点の説明)
③タイルメイド 玉川さんの話(現場での視察・リサーチ)
④アップサイクルプロダクト企画ワークショップ
⑤アイデア発表

▼Day1 詳細情報
日にち:2月9日(木)
集合時間:9時30分
集合場所:JR瑞浪駅タクシー乗り場
視察場所:タイルメイド
〒509-6101 岐阜県瑞浪市土岐町986−95
https://goo.gl/maps/T2LB2b9YvZS7MAWDA
定員:15名
持ち物:パソコン、筆記用具、タイルと相性の良さそうな装飾物、昼食、飲み物
宿題:タイルをアップサイクルするとしたら、どんな活用方法があるか?を考える(ググったら出る方法以外で)

▼Day1 タイムライン
9:30  会場受付開始
10:00 ワークショップスタート 企画説明
10:15 参加者の自己紹介
10:45 上回転研究所の説明
11:15 玉川さんの説明
11:40 企画の説明(廃材を見ながら)
12:00 現場の紹介
13:00 感想共有 (お昼ご飯食べる)
13:30 ワークショップ
15:30 村上からフィードバック
16:00 アイデア発表
16:30 質疑応答
16:50 次回のお知らせ
16:55 終了 片付け
17:30 JR瑞浪駅解散
———————————————————————-
▼Day2イベント情報概要
Day1で考えた企画を具体的な意匠に落とし込んで行きます。叩く、燃やす、削るなどの原始的な加工工程をもとに廃棄物から美しさを探していきます。最終的には写真を撮影し、自分のSNSにあげて社会の反応を探っていきます。

▼Day2 コンテンツ
①アップサイクルの事例の紹介
②物語性を継承する意匠性の企画
③意匠性を実現するための加工実験
④商品撮影・文章企画
⑤SNSでのテストマーケティング

▼Day2 イベント詳細情報
日にち:2月16日(木)
時間:10:00~17:30
場所:madanasaso
〒451-0043 愛知県名古屋市西区新道1丁目13−15
https://goo.gl/maps/fVKw2CG5DufgmEgk8
定員:15名
持ち物:汚れていい格好、昼食、飲み物
宿題:1回目から見えてきたものから、どんなプロダクトをつくるか考えてくること

▼Day2タイムライン
9:30  会場受付開始
10:00 前回のおさらい〜2日目の企画説明、1週間での実験、企画報告
10:30 道具や場所の説明
11:00 制作開始
12:00 お昼休憩
13:00 村上による意匠性を出すためのコツ
14:00 中間報告、フィードバック
15:00 最終発表
16:00 写真撮影、文章企画
16:30 SNSにあげる
17:00 感想共有
17:30 終了
18:00 片付け解散
———————————————————————-
▼ゲスト
玉川幸枝

1984年岐阜県瑞浪市生まれ。合同会社プロトビ・TILEmade代表。 玉川家四姉妹の三女・タイルプロデューサー。
焼き物の産地・岐阜の東美濃で作られるタイルの魅力を発信し文化を継承すべく、家業・玉川釉薬の釉薬技術を活かしたオーダーメイドタイルブランド「TILEmade」を立ち上げる。過去には、東京にて六年間、港区区議会議員秘書、ベンチャー企業、まちづくり会社でプロジェジェクトマネージャーとして活動。
2017年より地元瑞浪に戻りオーダーメイドタイル事業とまちづくり事業を行う。
TILEmade https://pro.tilemade.jp/
TILEmade Instagram https://www.instagram.com/tile.made/
玉川釉薬 https://tamagaway.jp/

村上結輝 株式会社On-Co 素材デザイナー 上回転研究所 所長

1998年4月8日生まれ 愛知県在住
コロナ禍を機に大量生産大量消費の中で暮らしていた自分の生活を見直すようになり芸術大
学の卒業制作でバナナ皮からレザー素材を開発。
2021年にはコーヒーかすと牛乳から作る「カフェオレベース」、2022年には廃棄石膏を利活
用した「resecco」などの新素材をリリース。
身近な廃材を美しい素材に生まれ変わらせることで、アップサイクルの考え方や可能性を感
じてもらい、社会課題を「自分ごと化」するきっかけを創出している。
https://www.instagram.com/yuki_murakami877/
https://twitter.com/yuki_murakami48

▼司会
藤田恭兵 株式会社On-Co 代表 ソイソースマンション、上回転研究所 コミュニティミキサー

23歳 空き家を改装し、シェアハウスFyumeを立ち上げる
26歳 名古屋駅周辺で8件の空き家を改装し、村づくりを行う
27歳 株式会社On-Coを設立。主な事業は地域活性・建築リノベーション・企業PR
28歳 さかさま不動産の立ち上げ。空き家解決に取り組む
29歳 Panasonic 100banchにてプロジェクト採択
30歳 廃棄石膏ボードを活用した新素材「resecco」を村上と共同開発し、共に「アップサイクルコミュニテイ上回転研究所」立ち上げ
KDDI Future Gateway メンバーに採択
https://www.facebook.com/ tyoro4444/
https://www.instagram.com/ kyoheyfujia/

【運営情報】
主催:名城大学社会連携センター
運営:株式会社On-Co
代表:水谷岳史/藤田恭兵 創業:2019年3月 所在地:三重県桑名市西別所1375
ミッションは関わる人々の主体性を向上させ、挑戦が溢れる面白い世の中をつくること。さかさま不動産や丘漁師組合、上回転研究所などのプロジェクトを展開している。
公式サイト:https://on-co.jp/

※名城大学は2026年に開学100周年を迎えます。本学は開学100周年を目標年とした基本戦 略MS-26(Meijo Strategy-2026)で「生涯学びを楽しむ」「多様な学びのコミュニティの 創出」を推進しており、2027 年度以降の将来ビジョンでは「中部から世界へ 創造型実学 の名城大学」を掲げています。それを具体化する1つの手段としてアントレプレナーシッ プ教育の推進を位置付け、2022年4月に「アントレプレナーシップ教育・起業支援推進プ ロジェクト」を立ち上げました。今回の取り組みもその一環になります。
※本取り組みは、大学発新産業創出プログラム(START) – 大学・エコシステム推進型 – スタートアップ・エコシステム形成支援事業として実施します。

▼コロナ対策
以下のコロナ対策を行いながら話し合いの場が作れたらと思います。

・検温機器 アルコール消毒液の設置
・消毒・換気の徹底 広めの席配置
・サービススタッフの検温・マスクの着用の徹底

▼基本的な注意事項
・お昼ご飯は各自となります。持参ください。
・途中参加・退出不可となります。
・交通費は実費となります。

▼申し込み
こちらのサイトでお申込みをお願いいたします。https://material-designer-experience.peatix.com/

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. PR福田の、厳しい監視

  2. 海プラゴミを使ったワークショップやったよ

  3. 夜な夜なブロック

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP