「日経ソーシャルビジネスコンテスト」のファイナリストに選出されました

日本経済新聞社主催「#日経ソーシャルビジネスコンテスト」にて、ファイナリストに選出頂きました。

仲介手数料など頂かないさかさま不動産。
大抵聞かれるのが「ビジネスモデル」と「収益の得方」。

我々はこれまで、#資本 を生むためではなく、#信頼 を生むためのアクションを意識してきました。
今一緒に試行錯誤して下さっている皆様も同じようなスタンスをお持ちです。

ビジネスコンテストですが、大事な軸を握り合うからこそ良い循環が生まれるよね!という7分間プレゼンをしようと思っています。

資料をつくり終えた直後の水谷のキメ顔。
「ビジネスなんてどっかいけ」だそうです。

 

(01.09追記)
週末に最終審査会がありました。


私たちは「社会課題はビジネスにならなかったから社会課題になった」と思っているので、基本スタンスは「#とりあえずやってみる」。

概念を創り、じわじわと浸透させることが、社会課題へのひとつのアプローチになるではないかなと考えています。

張り詰めた空気の中で「#ビジネスは後回し」と明言し、審査員さんたちに怒られるかなとビビりましたが、意外にもみなさんニヤニヤ面白がってくれましたw
(そこからはもう水谷節)

多様性の世の中で、借り主からニッチな希望や想いを発信し、たった一人の大家さんと出会う「さかさま」は、時代に合致してるのかも….そんなエールも頂けました♪

今回ファイナリストに選ばれたのは、300団体中の15団体。

どのプレゼンもレベル高かった。

審査結果は2月中旬に出る予定です。
https://social.nikkei.co.jp/final2022.html

 

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 育ててくれた町・桑名市との連携協定

  2. 飲んで良しなら、塗って良しなのでは?

  3. 丘漁師×海苔漁師

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP