PRの軸はパーパス

最近よく問われるようになった「パーパス」。
パーパスとは「存在意義」です。
志、軸、ミッション、ビジョン、大義みたいに使われることもあります。

パブリックリレーションズ(PR)は、パーパスを起点に展開し、全ての商品やサービスはパーパスを体現するものと捉えています。

情報発信をする際も、その一貫した繋がりを魅せる努力をしています(特にプレスリリースはわかりやすい)

改めてクライアントさんに話したところ「パーパス!呪文みたいで好き!」って言われました(笑)

その反応に (,,• •,,)キュン♡

パーパスがもっと浸透するように、呪文みたいに言い続けます!

因みに、昨日の日経新聞にも、全ての経営者に「問われるパーパス」という記事が載っていました。

ここが好き。

~転載~
”年間の純利益が初めて1兆円を超えたソニーグループ。
吉田憲一郎会長兼社長が就任して3年での成果と強調したのは、業績ではなく「ソニーのパーパスを定着させたこと」だった”
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73558930U1A700C2TB0000/?fbclid=IwAR19-jke9WyhJg2yOe0NQcqvocZTRJLkUEGjwMAm7LiAY0Mt6BhIeq6MoDw

PR 福田

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 素材デザイナー村上のアシスタント兼インターンを募集

  2. コーヒーを飲みながらくつろげる場所づくり

  3. 最近は大工奥田です。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP