都市住宅学会「第31回学術講演会」メインシンポジウムにてお話をさせていただきました

学会ということで、大学の先生が多く、とても熱心に聞いてくださいました。
今回のテーマは「攻める空き家対策」
参加者は、会場&WEBで60名ほどで、大学・企業・行政・広域社団法人など、さまざまな立場からの報告がありました。
On-Coからは太田が登壇し、さかさま不動産を軸に「空き家を探している入居者候補を所有者とつなぐ取り組み」と題してお話。


パネルディスカッションでは、
初っ端から「無料でやっていて継続できるのですか?」というご質問。
最近200%の確率で聞かれます(笑)
また自治体の空き家対策の委員を務めてみえる大学教授からは、「ある自治体が、さかさま不動産を参考に、独自の取り組みをはじめたと聞いていたが、なかなか上手進んでいない状態。今日さかさま不動産のお話を聞いて、なぜ、上手くいっていないか分かりました。」との感想を頂きました。
ぜひ我々にご相談下さい♪
他にも、空き家をテーマに研究をしている学生さんなども積極的でした。
普段は借主さん・大家さん、行政や地域団体にお話することが多い中、今回は大学の先生達とお話しさせていただく貴重な機会となりました。
今後も積極的に様々なところへ出向き、得たフィードバックを企画に活かしていきたいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. まだ終わらなさそうなmadanasaso

  2. 子ども向けWS、10月には東京で

  3. 出店勉強会@先輩本屋さん

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP