企画ネーミングは熟考の大喜利

企画のネーミングについて聞かれることが多いのですが、基本は社内大喜利です。

因みに「マダナサソウ」は藤田発案(水谷敗れる)

こんな流れで決まりました。

—-

水谷藤田:「浅間町の拠点の名前どうしましょうね」

水谷藤田:「まだないに向き合う拠点かー。理解されないものが未来創るよな」

水谷:「オモシロソウは?」

藤田:「イケメン集まれ!でイケメンが来ないように、おもしろい人はオモシロソウには来ないんじゃないっすかね」

水谷:「魑魅魍魎は?」

藤田:「シンケツゴウ、ゴウケツ、はじまりそう、トビダシソウ、とびたちそう、おこられそう、まだなさそう、はみだしそう、やりすぎそう、マゼルン、アソベル」

福田:「まだなさそう、好きー(笑)」

藤田:「まだなさそうが一歩リード!笑」

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ナウでヤングなNFT

  2. いつも、振り返れば奴がいる

  3. 沖永良部島から帰って来ました

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP