パブリックリレーションズの役割

メンバーやクライアントが新しいことをはじめたら、現場へ事象をキャッチしに行くPR福田。
「新しいこと」によって具体的にどんな行動変容を起こせたのかを見極め、企画のブラッシュアップに入り込みます。
*
今日も朝から8社のマスメディアと構成を打ち合わせをしており、メンバーからも「そろそろ露出率を売りにしてもいいのでは」と話はしますが、福田は断固「世相を汲み取ってメディアと連携するのは基本」と言い切ります。



大事なのは、生み出した企画が生み出す「事象」で「行動変容」だと。
そのために、シビアに情報価値を見定めているメディアと何を握り合うのか。
露出をどう自社の関係性に活かしているのか。
*
裏側こそものすごい作業量。
「前後」も視せていきたいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. とびきりのスマイル

  2. ランドリーではなく出張からの帰路映像

  3. 当日の様子は、明日の中京テレビ「キャッチ」

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP