破れた服ネタでも深まるプロのヒアリング

多種多様な人たちで満席が続く、デザイン事務所RWさんによる「イナバデザインスクール」。

特に相談が多かった「デザイナーとイメージがすり合わない」問題については、クリエイティブディレクター機能の欠落だったことに、参加者全員が気付かされました。

そして意見や質問が白熱し1時間オーバーもザラ(笑)

今年もOn-Coは、デザスク生徒会を務めながら、デザイン力とディレクション力をぎらぎらに磨き上げていきたいと思います!

因みにこちらは、どんなお仕事でも重要となる「ヒアリング」をテーマにした日。

破れた服について熱く語る水谷と、面白がりながらも、その真実を、真剣に引き出そうとするデザスクの稲波校長。

クリエイティブディレクターがヒアリングすると、こんな(しょうもない)ネタでも、根幹に迫っていくからすごいと感じました( *´艸`)

1月のデザスクは、11日(水)と23日(月)19時から。

初回は、今年デザスクで取り上げてほしいテーマを参加者でプレゼンし、稲波校長を口説き落とす会です。

どなたでもご参加ウェルカム。

どうぞお待ちしております。

▼イベント詳細・申込→http://ptix.at/npJk1l

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 報道カメラマンによるカラー1面の紙面

  2. 分ければ宝

  3. 和歌山へ旅立ったカフェオレベースのランプシェード

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP