何を汲み取りどう活かすか。4年前の怪文書

なさそ八百屋・なさそ食堂を実行してみた真門。

やったことに満足するのではなく、「それをみて何を思う?」「新たな仮説は生まれた?」「もっと大きな視野で捉え直した時に次のすべきことは?」悩みながらも、On-Coメンバーに振り返りをする真門くん。


因みに、水谷・藤田も4年前くらいに、自分なりの仮説と検証を手書きの「On-Co通信」に綴っていました。
突如「みなさま狂いましょう」という封筒で届く怪文書(しかも藁半紙)
受け取って下さった皆様からは、「怖い」と言われていましたが、思考のプロセスに触れてもらうことで面白がっていただけたのはよかったなと。

もしかしたら、真門からも、怪文書が生まれるかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 第二回開催!イナバデザインスクール!!

  2. 明日NHKあさイチに、いきものクッキーkurimaroさん

  3. 今夜はレモン豚鍋

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP