各領域の専門家をゲストに招き、サステナブルの未来を考えるイベントを開催します(12/10・12/11)

「空間・モノ・システム・地域」4つの領域からサステナブルの未来を考える「上回転祭-サステナブルわっしょいフェスティバル-」について

概要:未来、当たり前になるであろう「サーキュラエコノミー」「アップサイクル」「エシカル」という概念。既に取り組まれているゲストを招き、未来に向けて、今すべきことを一緒に探るイベントです。
日時:2022年12月10(土)11:00~18:00、12月11日(日)13:00~19:00
場所:madanasaso(愛知県名古屋市西区新道1丁目13-15)※名古屋駅から徒歩約15分|浅間町駅から徒歩約8分
料金:無料(飲食やワークショップなどは別途必要)
申込:https://sustaina-fes.peatix.com/

 

ワークショップ

・コーヒーかすと牛乳による「カフェオレベース」でコースターづくり
・廃棄石膏ボードを使った「resecco」でタイルづくり
・廃棄パンを使った「ペーぱん」でオリジナル紙づくり など

 

 

物販・展示など

・未利用魚を使った丘漁師食堂 など

 

ゲストトーク:【Day1:12月10日】

11:00~13:00 第一部「サステナブルな場づくりとは?」

 

株式会社船場 執行役員/神戸 暁さん
1979年生まれ愛知県出身。名古屋市立大学大学院芸術工学研究科卒。商業施設の総合開発を得意とする船場において幅広いプロジェクトを手掛ける。
課題解決のためのデザインを得意とし、2021年よりエシカルデザイン本部を牽引。資源を循環させるリノベーション「Circular Renovation®」を考案し、多数の実装プロジェクトを進めている。自社の産業廃棄物のマネジメントを行うゼロウェイスト推進室の責任者も務める。
https://www.semba1008.co.jp/ja/index.html

 

株式会社ロフトワーク/コミュニティデザイナー/加藤 翼さん
早稲田大学文学部で哲学を専攻後、社会科学部へ転部。Boston Universityへの留学を挟んで卒業したのち、新卒で外資系コンサルティングファームに就職。アメリカ、タイなど海外プロジェクトでの業務改革に携わる。働きながら通信制美大に通い空間デザインを専攻後、100BANCHの空間設計などに興味を持ち、ロフトワークに入社。100BANCHのコミュニティーマネジャーを担当。食べることより知識を得ることが生きがい。
https://loftwork.com/jp/people/tsubasa_kato

 

15:00~17:00 第二部「サステナブルなプロダクトの未来とは?」

 

NPO法人 Studio On Site 代表 /大野 宏さん
1992年生まれ。2015年滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン学科卒業。現在、滋賀県立大学 環境科学研究科 環境計画学専攻にて博士後期課程。大学で研究を行うと同時に、フィリピン・インド等の途上国で建築の設計活動を行っている。土地に根付く素材や職人の持つ技法を活かし、その地域特有の建築を模索し、現地の生活の背景を持つ建築をつくる。
http://www.studioon.site/

 

株式会社CACTUS TOKYO 代表取締役 /熊谷 渓司 さん
1994年、北海道出身。2017年に一橋大学を卒業後、大手機械メーカーにて5年間経営企画を担当。大企業というしがらみの多い立場での環境問題の解決に向けた取り組み方に物足りなさを感じ、個人でのボランティア活動や情報発信といったアクションに取り組み始める。その中で、「環境問題という難しいことをそのまま伝えても伝わらない」という経験をし、2021年にサボテン由来のレザーを用いたファッションブランド「CACTUS TOKYO」を設立。
https://cactus-tokyo.com/

 

ゲストトーク:【Day2:12月11日】

13:00~15:00 第三部「サステナブルな社会システムの未来とは?」

 

株式会社FabCafe Nagoya 代表取締役/株式会社ロフトワーク 取締役/矢橋 友宏さん
岐阜県大垣市出身。2006年にリクルートを退職し、創業6年目、人員数10数名のロフトワークに合流。マーケティング、プロデュース部門の立上げや、社内システム、人事、労務、経理などの経営環境の整備を行う。
2020年にロフトワークと岐阜県のOKB総研との合弁で株式会社FabCafe Nagoyaを立上げ代表取締役に就任。東海エリアの様々な組織をデザインの力でアップデートする活動を始動している。
https://fabcafe.com/jp/nagoya/

 

ハーチ株式会社 代表取締役/加藤 佑さん
2015年にハーチ株式会社を創業。社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」、サーキュラーエコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜のサーキュラーエコノミープラットフォーム「Circular Yokohama」など、サステナビリティ領域のデジタルメディアを運営するほか、企業・自治体・教育機関との連携によりサステナビリティ・サーキュラーエコノミー推進に従事。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー。東京大学教育学部卒。
https://harch.jp/

 

17:00~19:00 第四部「サステナブルな地域の未来とは?」

 

Pizza4P’s/久保田 和也 さん
日本大学建築学科卒業後、アパレルと営業職をえてシンガポールの飲食系の会社に転職。その後、ベトナムのPizza4P’sで、オペレーションからIT、店舗開発、新規事業などを経験したのち、2021年度よりPizza4P’s Cambodiaの代表として、ゼロ・ウェイストコンセプトのレストランをオープン。現在カンボジアだけでなく、4P’s全体の海外開発担当とブランド戦略、マーケティングディレクターを兼任。
https://pizza4ps.com/

 

デザイナー/岡崎さゆり さん
ロンドン大学ゴールドスミス校デザイン学部2年。グラフィックデザイナーとしてクライアントワークをしつつ、個人的にスペキュラティヴなデザインプロジェクトに従事。大学がコロナでロックダウンしている時に街でゴミ拾いをしながらゴミと人間の新しいコミュニケーションはなんなんだろうか?そんなことを模索しながら英語の詩で表現する作品などを作っていました。2022年素材デザイナー村上と共にペーパンを開発

 

主催:上回転研究所

名古屋市にて廃棄問題に対して、意匠性のある新素材開発という手法で取り組む素材デザイナー村上結輝を中心に展開しているアップサイクルコミュニティです。若者や企業が集まり、まるで料理をするようにアップサイクルと向き合っています。一人一人が廃棄物の分別を徹底かつ減量化する努力を行い、最終的にはゴミ箱が不要になる社会を目指して取り組んでいます。
拠点madanasasoもじわじわ準備が進んでおり、クラウドファンディングも実施中!!
https://camp-fire.jp/projects/626710/backers#menu

 

運営会社:株式会社On-Co
代表:水谷岳史/藤田恭兵 創業:2019年3月 所在地:三重県桑名市西別所1375
ミッションは関わる人々の主体性を向上させ、挑戦が溢れる面白い世の中をつくること。さかさま不動産や丘漁師組合、上回転研究所などのプロジェクトを展開している。

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. madanasasoにコーディネーターさん機能が

  2. 元旦からの朝日新聞1週間連載。感謝と決意と。

  3. 報道カメラマンによるカラー1面の紙面

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP