自分たちがやる意義と強みを考え続け進む若者

誰も正解を持っていないことだから「やってみる」

やってみたからわかってきたことを、活かしたり、変えたり、やめたり、またやってみたり。フェーズを敏感に察知し、常にもっと先へと進もうとする若手たち。

「絶対売れるからもっとたくさん作ったらいいじゃん」という外部からのアドバイスに全くなびかず、ちゃんと立ち止まって「自分たちがやる意義と強み」を考え続けて進む様子が尊いなーと感じます。

因みにその試行錯誤については、毎週、社内ミーティングで共有されるため、チャレンジマインドが浸透するという好循環が起きています。(中継したいレベル)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 伴走者としてのパブリックリレーション

  2. メンバー不在の場で…

  3. とびきりのスマイル

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP