先生たちを連れて漁村へ

新渡戸文化中学校・高等学校(東京中野)が2019年から教育活動に導入したスタディツアー。
2022年には、引率不要なスタディツアーデザインを目指して、「一般社団法人旅する学校」を設立。
水谷は理事、太田は監事を担うこととなりました。
今回水谷&太田は、先生たちとマダナサソウにて合流。
翌朝には水谷が熊野の漁村へお連れしました。


これまでも、先生たちの教育革命によって生徒たちが意識変容を起こす様々なシーンに立ち合わせて頂く中、これから企業が教育に関わる形ってこういうことなのかなというふんわりしたイメージが視えてきています。
因みに、春から水谷は、新渡戸文化中学校・高等学校のクロスカリキュラム(教科横断×社会連携授業)の特任講師を務めます。
丘漁師・民間企業・行政などの知見を活かして、更にズブズブっと関わらせて頂く予定です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 桑名ニカイでは珍しい光景

  2. 鶏が街に実装される日も近いか…

  3. 漁師さんや元遊牧民さんなどなど

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP