議論して向き合ってつくる。つくられたものがまた議論を生む

上回転祭にご参加ありがとうございました。

「いい感じにワケわかんないね」

「なんかよく分からんことを楽しそうにやってるね」

「意味わかんないけど熱量にゾクゾクする」

「正解がわからなすぎてモヤモヤしてきた」

など、まだなさそうなことへの最高な感想を頂きました。

複雑化する社会。

正解がわからないからこそ自分たちなりの目標を選ぶ必要があって、それには多様な意見を通じて向き合い、議論しないといけない。

議論して、向き合って、つくる。

つくられたものがまた議論を生む。

実践と議論の循環が起きる場が、まだ名古屋にないのであれば、僕らが担いたい。

そんな想いでmadanasasoができ、今回の上回転祭で、場の可能性が少し視えました。

2階ではトークイベントと飲食。

並行して1階では展示やワークショップ。

その場でものづくりをしている人もいて、解体した土壁を3Dプリントで再生したり、竹でテントつくったり、街にある建物を3Dスキャンして3Dプリンターで型を作って飴にしたり、出展者同士でライブアートが始まったり。

謎の歓声と笑い声が起きる1階と、真剣に学び質問を交わす2階という交差。

これからも、よくわからないけど、まだなさそうな皆様にハックしてもらえるような場を目指します。

クラファンも残り2週間ほど。

引き続きご支援どうぞよろしくお願い致します。

https://camp-fire.jp/projects/view/626710#menu

ゲストトークにご登壇頂きました、

船場の神戸さん、ロフトワークの加藤さん、Studio on_siteの大野さん、CACTUS TOKYOの熊谷さん、FabCafe Nagoya|ロフトワークの矢橋さん、ハーチの加藤さん、Pizza4P’sの久保田さん、デザイナーの岡崎さん、ありがとうございました。

出展頂いた、

古材小道具のたくろうくん、プレシャスプラスチックのジャービス、アートディレクターのみるさん、サボテンレザーの熊谷さん、ガラクタ×アートの山口さん、星と木しとさん、土壁モジュールのあずくん、バンブースツールの大野さん、BUNKAIプロジェクトさん、舐めることからの平山君、未利用魚メニューの松井君、ありがとうございました!

運営サポート頂いた

バリスタ山本くん、さえちゃん、高校生のみなちゃんとばったちゃん、小林君、施工等々手伝ってくれた皆さま、ご参加下さった皆様、改めてありがとうございました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. デザインを学べる空間を作ります。

  2. 本日も施工です

  3. 素材集めの旅

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP