学生さんたちの表現を見てみたい

海を研究する明治大学水産業班の学生たちが、日本橋ニカイへ会いに来てくれました。
夏頃に丘漁師組合にヒアリングをしたいと連絡をくれ、オンラインで話ししてから数ヶ月。
自分たちなりの企画を考えてみたとのことで、今日はプレゼンを聞かせてもらいました。
もとは世界に目を向けるゼミ。
とはいえ実は日本のことも知らないことが多い…
と、海の研究が始まったそう。
そして海課題の深刻さを知り、自分たちができることを考えるようになったのだとか。


今日は、まず彼女たちの原体験に立ち戻り、改めて何をしたくて、何からできるのか。
企画の組み方をアドバイスをしながらブレストしました。
我々を「手伝う」のではなく、彼女たちが本当に「やりたい事」に向かって、On-Coのリソースをうまく活用して、自分の表現をしてくれたら嬉しいなと感じます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. シェフに落花生の搾りかすを出してみた

  2. 最先端のmadanasaso

  3. 高校生による高校生のための名刺交換イベント

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP