ゴミが出た現場で創って飾る「捨てる神あれば拾う神あり展」

長野辰野町で開催される「捨てる神あれば拾う神あり展」

不用品を活用したアートということで、素材デザイナー村上は現地に10日間滞在し、こんな工程でゴミを魅せていました。

①改装する空き家から、ゴミとなる石膏ボードを収集

②天井や壁から出てきた廃石膏ボード

※これらは通常、産業廃棄物として処理されます

③その場で廃石膏ボードを、意匠性のある素材「resecco」に転換します

④夜な夜な転換作業を行います。場所は変わらず廃石膏ボードが出た現場です

⑤現場に飾ります

滞在制作では、この工程をみてもらいました。

ゴミが生まれ変わる工程に触れ、「ゴミってなんだっけ?」と、地域資源の再発見・再編集する機会に繋げられたら嬉しく思います。

村上による滞在制作は明日までですが、トビチ美術館は本日からスタート。
9名のアーティストさんが、町内の空き家7か所で展示を行っています。

心地よい気候。
お散歩がてら、芸術の秋をおたのしみください。


(11/27まで24時間出入り自由)

#捨てる神あれば拾う神あり展
#トビチ美術館2022

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. SNS云々ではないそもそも

  2. 倉庫は男子のロマン

  3. PR講座@なかふらの観光協会さん

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP