生産地へのアテンド

「地産地消の旬食材を増やしたい」
海の実情に寄り添う流れをつくろうとしている飲食店さんからの相談。
今回は、太田が生産地へアテンド。
漁師さんの養殖現場や加工場を見学したり、漁協さんから、水揚げされる魚種や未利用魚と言われる魚たちの活用傾向などをヒアリングしたり。
漁業の現場をみて、連携の可能性を探る1日となったようです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 企画方法の勉強会

  2. デザインを学べる空間を作ります

  3. コーチンの話

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP