廃棄パンから作る紙「ペーぱん」のお披露目

上回転研究所にて新たな素材のプロトタイプが出来ました。

廃棄パンから出来た紙。その名も「ペーぱん」。素材デザイナー村上とインターン岡崎さんによる共同開発です。

廃棄されるパンとパン屋さんの紙袋を使って、和紙のように漉いて制作しました。

漉いて残った液体は、煮めてインクも開発できる点も無駄がありません。

お惣菜パンからは野菜がチラリなど、パンによって様々な表情も。

焼き立てのパンをぺーぱんで暖かく包みこんでお渡しするパン屋さんができたらいいな♪

ペーぱんは、今週末の上回転祭でもお披露目します。

ぜひ触れてみてください♪

■イベント詳細:12月10日(土)、11日(日)「上回転祭」

空間・モノ・システム・地域の領域において、 時代や環境に沿ったサスティナブルに触れる「上回転祭」

~各領域の専門家を招いたトーク・廃棄パン等のアップサイクルWS、未利用魚メニュ―など~

https://on-co.jp/…/%e7%a9%ba%e9%96%93%e3%83%bb%e3%83…/

※岡崎さんのアカウント @sayuriokazakidesign

※村上のアカウント  @yuki_murakami48

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. カフェオレプラントベースを円錐フィルターから型を取り制作しました。(フィルターシリーズ)

  2. すぐ対抗する水谷・藤田

  3. 廃棄石膏ボードを活用したアップサイクル素材「resecco(リセッコ)」ができました

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP